バレットジャーナルを始めようと、ノートを探していた時に出会ったスタロジーのエディターズシリーズ、365デイズノートと1/2イヤーノート。

売り場で手に取った時に、思わず「おお〜!」と声が出てしまったほど、まさに思い描いていた理想のノート。

他にもいろいろノートは使っているけれど、やっぱり好きだなーということで改めてご紹介します。

どんなノート?

created by Rinker
ニトムズ
¥1,572 (2019/09/22 10:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

ゴミをとる”コロコロ”など造っているニトムズという会社が立ち上げた文房具ブランド『スタロジー』から発売されています。

使いやすさを追求して設計、筆記具を使いこなすプロである編集者(エディター)も納得のEditor’s Series。時刻を表す数字、日付と曜日、そしてグリッドという最低限の要素だけを載せたシンプルなノート。
エディターズシリーズ 365デイズノート

A5・B5・A6・B6の4サイズ展開、
基本は365デイズ、計368ページで1日1ページ計算で1年分使えるノート、
A5・A6サイズはその約半分の計192ページの1/2イヤーノートもあります。

使われている紙が薄く、1年分でもそんなに大きい感じはありません。
私が持っているのは1/2イヤーノートでしたが、測ってみたら厚さなんと8mm。

A5サイズでも、大きすぎる感じがないので、毎日持ち歩いても全然ストレスなく使えました。

紙は薄いですが、ペンの裏抜けは、ほぼなし!
薄いので裏から少し写って見えることもあるのですが、インク(ゲルインキ、油性ボールペン、蛍光ペン使用)が抜けることはなかったです。

デザイン

表紙

表紙は布クロスで柔らかいソフトカバー。
スタロジーのロゴなどが金字で刻印されています。
(ノートの特徴が書かれている紙は帯で取り外せます。)

時間軸

ページの左端に、2マスで1時間分として時間が印字されています。
ここに印をつけて、1日の予定を書いたりできます。

A5・B5サイズは0〜24時、A6は8〜21時、B6は7〜23時になっているようです。

A5・B5サイズの0〜24時というのはいいですね。なかなか24時間の予定を書けるノートは少ないなーと思います。

日付をマークするところ

ページ上部には、月、曜日、日の印字があり、ここをマークすることによって今日の日付を記録することができます。

罫線

A5サイズは4mm方眼、その他のサイズは5mm方眼です。

全体的に印字は薄く、方眼の線も薄いので、筆記の邪魔をせず、書きやすい。
無地のようにも使え、でも図を描くときなどにはちゃんとガイドとなる絶妙な色です。

罫線があまり主張しないノートが好きなので、ここもかなり好きなポイントです。

ラインナップまとめ

365デイズノートのラインナップをまとめてみます。

サイズは、A5・B5・A6・B6の4サイズ。

カラーは、基本色はブラック。
A5とA6サイズのみ、他にイエロー・ブルー・レッドの展開があります。

そして、厚さもA5とA6は半分の厚さの1/2イヤー版があります。

A5 B5 A6 B6
カラー
1/2イヤー あり なし あり なし
方眼 4mm 5mm 5mm 5mm
時間軸 0-24時 0-24時 8-21時 7-23時

私の使い方

A5サイズ、イエローの1/2イヤーズノートをバレットジャーナルとして使っていました。

1日1ページという使い方ではなく、自分で月間予定・週間予定の枠などを書いて使っていたのですが、ちょうど半年ほどで使い終わりました。

最後に

スタロジーでは、「ありそうでなかった」ものというのを目指して商品開発されているようです。
他の文具もどれもスタイリッシュで使いやすいものばかり。
今回の365デイズノート・1/2イヤーノート以外にも、ぜひ素敵な文具を探してみてくださいね。

created by Rinker
ニトムズ
¥1,572 (2019/09/22 10:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA