文房具の魅力を伝えるウェブメディア、『毎日、文房具』。
その「毎日、文房具」からこだわりのノートが誕生しました!
その名も、「ダイアログノート(DIALOG NOTEBOOK)」。

“DIALOG”は“対話”という意味があります。
まるで自分と対話するように、また出来事や思い出と対話するようにノートとお付き合いいただきたくて、名前をつけました。
そして書き記した記録は、あなただけの大切な記録、そうまるでダイヤ(DIAMOND)のように輝く記録(LOG)になることも表しています。
https://mai-bun.com/dialog-notebook

どんなノート?

サイズ

サイズは、縦 140mm × 横 90mm × 厚さ 約4mm。重さ 約38g。

コンパクトな持ち歩きしやすいサイズ。
トラベラーズノート パスポートサイズ(H124×W89×D4mm)とほぼ同じ大きさです。
(ダイアログノートの方が、縦が1.5cm長いです。)

ページ数は、62ページ。

表紙

表紙は、クラフト紙。
デジタル数字枠が印刷されていて、何冊目かを記録できるようになっています。
ロゴもかっこいい!性別問わず持てるシンプルでかっこいい佇まいです。

表紙の裏にある刻印もかっこいい

 

ノートのこだわり

5mm方眼ノート。罫線は薄いグレーで筆記を邪魔しない濃さです。

用紙は三菱製紙の”金菱”。どんな筆記具でも書きやすく、裏抜けもしにくい紙。


そしてなんと言っても、ノンブル(ページ番号)入りということ。

ページ下部と右にページ番号が振られています。横にもページ番号があることで、ノートを90度回転させて縦向きにも利用できます。

そして、ページの上と左には、中心のガイドになる点が描かれています。
ガイドに沿って、線を引きページを2分割、または4分割することも可能。

ページ番号と中心のガイド付き(ノートを縦向きにしています)

バレットジャーナルにもおすすめ

箇条書きでタスクややりたいこと、日々のメモを書き留めていくバレットジャーナルというノート術。
そのバレットジャーナルの特徴の一つに、ノートにページ番号を振り、インデックス(目次)にページ番号と内容を記入することで情報にアクセスしやすくする、というものがあります。

バレットジャーナルにおすすめなページ番号入りノートも多く発売されるようになりましたが、だいたいA5サイズなどの大きく、またページ数も多い重いノートが主流になっています。

それに対し、「ダイアログノート」はポケットや女性の小さいカバンにもさっと入る、薄くてコンパクトなノート。ページ番号入りでコンパクトなノートは珍しいですよね!

ページ番号が入っているノートを使いたいけれど、大きくて重いからなぁと諦めていた方にもぴったりだと思います。

ページ数は62ページで、1日1ページで2ヶ月、1日見開きで2ページ使えばちょうど1ヶ月分。
中心ガイドを使ってページを分割すれば、見開きで1週間のTODO管理としても使えます。

マンスリーログ。見開きで1ヶ月分として使える。
ウィークリーログ。縦向きに使うのも良さそう!
ウィークリーログ。中心ガイドがあるので、分割線も引きやすい。

 

最後に

シンプルでかっこいい、コンパクトなこだわりノート。ダイアログノート。
さすが、文房具のプロフェッショナルの方が作られたノートです。

私は、今は、A5サイズのノートをメインで使っていますが、やはり外出先では大きく感じることも。

さっとカバンに入れられて、さっとメモできるノートの存在は嬉しいです。
頭に浮かんだアイデアや、外出先で目にした書き留めて置きたいことを記すノートにしようと思っています。

上質で、どこにでも連れ出せて、メモしたいときにさっと使えるノートをお探しの方は、ぜひ使ってみてください!

▽販売は、今のところオンラインショップのみだそうです。(2019.05.16)


価格:¥1,512(3冊パック)/3ヶ月ごとの定期便もあります。

 

▽A5サイズページ番号付きノートをお探しの方はこちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA