ページ番号付きで、検索性に優れたコクヨのナンバードノートブック。
勉強用ノートに使い始めてみたらかなり使いやすい!

どんなノートか詳しくご紹介します。

ナンバードノートブック

ナンバードノートブックってこんなノート!

  • ページ番号入り
  • 項目分けができるタブ欄あり
  • 3mm方眼
  • サイズ:A5スリム(ジブン手帳と同じサイズ)
  • 255ページ

中身を紹介

ナンバードノートブックインデックス

インデックスページ

表紙は、ブラウングレーの優しい色合い。
紙のソフトカバーです。

最初のページは、インデックス(目次)を書くページです。

ページ端にあるタブの数と同じ13個書けるようになっていますが、ここに細かく目次を書いてしまうと、足りなくなってしまうかなと思いました。

私は、勉強ノートとして使っているので、学習分野の名前を書いてみました。
横のタブには、それぞれ色を決めて、マーカーで塗っています。

もし、仕事用に使うのであれば、クライアント名やプロジェクト名を書いたり、
スケジュールに対応させて使うのであれば、月ごとに色分けしたりしてもいいですね。
(同じコクヨからDrawing Diaryという手帳が出ています。それの補足ノートとして使うのも提案されています。)

その後の2、3ページを詳細インデックス用に空けて使い始めました。

各ページ

ナンバードノートブックページ番号

各ページ、下にページ番号が振られています。

罫線は、薄い水色の3mm方眼。
線はあまり主張せず、コピーしたときにも写らず、ちょうど良い感じ。
字を書くときには邪魔にならず、図を描くときにはガイドになるので便利です。
字を3mmのマスに合わせて書くのはちょっと難しいので、2マス(6mm)程度に合わせて書いてます。

タブ欄の使い方

ナンバードノートブック色

ページの端には、インデックスと同様のタブ欄。
書いた内容に合わせて、タブ欄を塗りつぶしています。

「タブ欄を塗っても、本当に検索しやすくなるの?」と実は使ってみるまで半信半疑でした。

でも、使ってみたら。。。

本当に検索しやすい!

ナンバードノートブック横

ノートを横から撮ったところ。
分かりますか!?閉じた状態でも、タブ欄の色分けが見えますよね!?

これでだいたいの箇所がパッと開けられるし、パラパラとページをめくったときも見つけやすかったです。

色はできるだけページの端まで塗ると、より見やすいと思います。
(そのまま塗ると次のページにまで色が着いてしまうので、塗りたいページの後ろに裏紙を挟んでページギリギリまで塗ってます。)

ちなみにペンは、Zebraのマイルドライナーという通常の蛍光ペンより色味が目に優しいペンを使っています。

最後に

ノートってどんどん書いていくと、あれどこに書いたっけ?となりがち。
このノートならページ番号もあり、タブ欄で情報を分類できるので、後から確認するのに便利。

バレットジャーナルにももちろんおすすめ。

ぜひ便利に使ってみてください。

【余談】
ちょっとカバーをつけたいな、と思ったのですが、A5より少し幅の狭い「A5スリム」というサイズ。
ぴったりくるカバーを探すのは難しいと思ったのですが、なんと!あの人気のジブン手帳と同じサイズでした!(同じコクヨだし、もしやと思ったらぴったり。)昨年のジブン手帳のカバーを外して使ってます^^

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥1,219 (2019/09/21 22:51:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥7,368 (2019/09/21 22:57:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA