コンビニ(ファミマ、サークルKサンクス)限定で販売されている
無印良品の「手のひらサイズポケットノート」が使いやすいと聞き、
コンビニに行った時に買ってきました。

残念ながら、こちらの「手のひらサイズポケットノート」は廃盤になってしまいました。

 

コクヨのロングセラー、「測量野帳」というコンパクトなノートに
似ているので、「無印野帳」と呼ばれているらしいです!

 

縦約16cm×横約9cmのまさに手に収まる大きさ。

表紙が硬いので、立って手に持ったまま書いても書きやすい。
中は3mm方眼です。

罫線は薄い青色でそんなに主張せず、
図を書いたり、絵を描いたり、自由に使えそう。

紙もしっかりしていて、
万年筆で書いても裏抜けすることはありませんでした。

 

 

その後、コクヨの「測量野帳」も入手できたので、並べてみました。
左が無印野帳、右がコクヨのものです。

(ちなみに、コクヨのは”トライストラムス”というシリーズの限定色。
ノーマルな測量野帳は深緑色です。)

大きさは同じ。
コクヨの方は、表紙に刻印がありますが、
無印の方は商品説明のシールのみで、剥がしてしまうと
表と裏がわからなくなりそうです。

 

中はどちらも3mm方眼。罫線は薄い青です。
1ページ、縦53マス、横30マス。(一番上の3mmに満たない行を除く。)

 

(そんなに気にせず使ってますが・・・)
すこーしだけ無印のほうで気になったのが、表紙の角・・・
ちょっとだけ折り返しの部分が表側に見えています。

比較してみると、表紙のクロスの処理(折り方)が違うみたいです。

 

 

 

大きさがちょうどいいですね。
カバンが小さくてもスッと入る大きさ。

普段はA5サイズの手帳を持ち歩いていますが、
ちょっとした外出で大きなカバンを持ちたくない時、
代わりにこの野帳を持って行って、メモに使ったりしています。

野帳がロングセラー&ファンが多いというのも納得です。

 

測量野帳についてはこちらから

使い方の参考に!

 

そして、測量野帳の魅力が詰まったほんまで!

created by Rinker
¥1,296 (2019/08/19 02:05:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA