バレットジャーナルは、ノートに少しずつ書き足していく手帳術。

通常の手帳とは違い、あらかじめ1年分の枠が書かれているわけではありません。

じゃあ、来月の予定が入ったらどうするの?
子どもなどの年間予定を書いておきたいときはどうするの?

どこに予定を書くか、
どうすれば、うまく予定を管理できるか、
私の場合はこんな感じです、というのをご紹介します。

私のバレットジャーナルの構成

まず、前提として、私のバレットジャーナルの構成(予定に関わる部分のみ)と、
いつ作成しているかをお話します。

予定を書くページとしては以下の4つの項目。

  • Future Log フューチャーログ = 未来の予定
  • Monthly Log マンスリーログ = 月間予定
  • Weekly Log ウィークリーログ = 週間予定
  • Daily Log デイリーログ = 1日の予定

Future Log (フューチャーログ)

フューチャーログは、公式ページでは6ヶ月分書く、と説明されています。
今使用しているノートは、2017年5月半ばから使い始めました。
そこから先の6ヶ月分(7月〜12月)に加えて、子どもの年間予定を書きたいので、今年度分(2018年3月)まで作りました。

7〜9月分は、ノートに直接手書きで(写真左ページ)。10月以降(写真右ページ)は、PDF de Calendarさんのサイトからダウンロードしたものをプリントアウトして、貼ってはがせるのりで貼ってみました。

200ページくらいのノートだとだいたい半年くらいで使い切る感じなので、
新しいノートに切り替わったときに、書いたものをそのまま張り直せるようにそのようにしています。

Monthly Log(マンスリーログ)

こちらは月間予定。
毎月、月末になったら翌月分を作成しています。

今年は、カスタムダイアリーステッカーズというシールタイプのカレンダーを使っています。

月末に、翌月の予定をフューチャーログから書き写します。

Weekly Log(ウィークリーログ)

ウィークリーログは、週間予定。
毎週日曜(か月曜の朝)に翌週分を作成しています。

マンスリーログからその週の予定を書き写します。

Daily Log(デイリーログ)

デイリーログは毎日のページ。その日の朝に、作成しています。
こちらは予定を書くこともありますが、その日にやるToDoがメインです。

予定の書き方

私の中で基本としているルールは、

・当月の予定は、マンスリーログを見ればすべて把握できる。
・翌月以降の予定は、フューチャーログを見ればすべて把握できる。

ということ。

流れは以下のようになります。

1. 翌月以降の予定が入ったら、フューチャーログの該当箇所に書く。
(子どもの年間予定もここに書きます。)

2. その月になったら(正確には、前月末)、
マンスリーログを作成し、フューチャーログから予定を書き写す。

3. その月に当月の予定が入ったらマンスリーログに書き入れる。
(そのとき、フューチャーログには書かない。
今週の予定だったら、マンスリー と ウィークリー 両方に書く。)

4. その週になったら、ウィークリーログを作成し、
マンスリーログから予定を書き写す。

 

どこを見れば予定が把握できるか、決めておく。

これがコツかな、と思います。

来年以降の予定が入ったらどうするの?

基本ルールは上記の通りですが、まだフューチャーログも作っていない、もっと先の予定が入った場合どうするか。

今のところ、付せんに書いて、フューチャーログのページなどに貼っています。
ノートが切り替わって、その期間のページができたら書き写す、という運用です。

 

最後に

今回は、予定(主に時間が決まっている他人との約束)の運用の仕方について書いてみました。

ここを見れば予定がわかる!という場所を決めておけば、
他人と予定を調整するときもスムーズだし、約束を忘れてた!ということも防げます。

これは、通常の手帳でも使えますね。
(実際、以前、通常の手帳を使っていた時、マンスリーを見ればわかるように運用していたので、それを応用しています。)

To Doの運用については、まだ試行錯誤中。
やりたいこと、やるべきことをどのようにすればタイミングよくできるか、
やり残したタスクをどのように消化していくのか、
うまい方法がないかなーと模索中。

また何かいい方法があったらお伝えしたいな、と思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA