手帳体制 2020秋

2020年前半は、手帳の使い方が定まらずに、あれこれ試していましたが、6月頃から落ち着いてきました!2020年10月現在の使い方を記してみます!

3冊使い

あれも書きたい、これも使ってみたい、と複数の手帳を購入したのですが、最終的に日常的に使う手帳は3冊に落ち着きました。

上からライツメモ小型版、ジブン手帳Lite mini、365 Days Notebook
  • NOLTY ライツメモ小型版 → 予定とToDo
  • スタロジー 365 Days Notebook B6サイズ → デイリーログ
  • コクヨ ジブン手帳Lite mini → 行動ログ

ライツメモ小型で予定と先々のToDoを管理、365 Days Notebookでその日1日の予定とやることを管理しながら記録、ジブン手帳Lite miniに行動ログを書く、という運用方法でやっています。

ライツメモ小型版

パスポートくらいの大きさのコンパクトな手帳。マンスリーとメモスペースが中心のウィークリーの手帳です。

これで予定と、先々のToDoを管理しています。
持ち運びにも邪魔にならないコンパクトさ。お出かけのときにサッと持ち出せる機動性の良さが良い感じです。

予定が入ったら、マンスリーページと、ウィークリーに記入。
やることを思いついたらウィークリーページに記入。

以前、バレットジャーナルのみで運用していた時に、先々のToDoを書く場所に困っていたのですが、それを解消したのがこの手帳。バレットジャーナルは、その日その日のやることや出来事に集中できるのがいいのですが、”2週間後にあれやらなきゃ”とか、”毎月月末にやる処理を書いておきたい”とか、先の細かいことを書く場所に迷っていました。そういう先々にやる予定のToDoを書き出しておく場所として、このライツメモ小型版を使っています。

トラベラーズノートパスポートサイズにぴったりなのでカバーに挟んで使っています。

created by Rinker
日本能率協会マネジメントセンター
¥1,067 (2020/10/28 22:20:39時点 Amazon調べ-詳細)

365 Days Notebook

1日1ページの手帳としても使えるノートです。これをバレットジャーナルのデイリーログとして使っています。

ノートの詳細はこちらもご参照ください!

このノートは、日々の予定とToDoを書き出して管理するのに使っています。

ページの左端に時間軸が書かれているので、左の方にその日の予定を書き、右にその日のToDoを書き出しています。
ToDoを書く時には、ライツメモを見ながら、予め書いていたToDoを書き、そのほかに思いついたやることなどを書き出します。

家で作業をする日などは、机の上に広げっぱなしにしておいて、ToDoをやり終わったら消し込みしたりしています。

created by Rinker
ニトムズ(Nitoms)
¥1,520 (2020/10/29 08:23:11時点 Amazon調べ-詳細)

ジブン手帳Lite mini

24時間対応のバーチカル手帳。
2020年版から発売されたジブン手帳の新しい仲間です。

詳しくはこちらもどうぞ。

この手帳に行動ログを。翌日の朝に前日の行動を記入しています。
書いているのは、睡眠時間(就寝時間・起床時間)、食事、何をやったか、気分、天気など。

最後に

朝起きたら、ジブン手帳Lite miniに前日のログを記入、365 Days Notebookにその日の予定とToDoを書き出し、ライツメモ小型には予定やToDoが発生したら都度書き込む、という運用です。

このサイクルが結構しっくりときています。そろそろ来年の手帳を決める季節ですが、同じような布陣にするか、ちょっと他のものも試してみるか考えているところです。

また使い方が変わったらご紹介したいと思います!

私のセットアップカテゴリの最新記事