Instagramなどで話題となっている
手帳やノートが簡単に可愛くデコレーションできる
”日付シート”ご存知ですか?

日付シートって?

2015年に”てはさん“が始められた
日付が入ったデザインシート。

今では、色々なクリエーターさんが配信されています。
(台湾にまで広がってるみたいですよ〜!)

毎月月末になると翌月分が
主にコンビニのネットプリントを使って配信されます。
(NoteやBaseなどのネットショップでの配信もあり。)

配信情報は、InstagramやTwitterでお知らせされていることが多いです。
(”#日付シート配信案内”で検索!)

 

 

mashu nakamuraさん(@aooooooon)がシェアした投稿

 

@enikkiiがシェアした投稿

コンビニのネットプリントを通して配信される場合、
コンビニでカラーコピー代(60円/枚)支払いますが、
これは、制作者さんに入る訳ではないんですよね。

ほぼ趣味で、毎月作ってくださってる。

ほんとすごいです!

 

NoteBaseといったネットショップでPDFのダウンロード版を販売されている方もいらっしゃいます。

こちらはちゃんと制作者さんに代金が届くんですが、
それでも、1枚50〜100円ほど。

家にプリンターがあるので、PDFの方がありがたいというのもありますが、
どうせなら作ってくださっている方を応援したくて、
どちらか選べる時は、PDFを購入しています。

 

そしてあまりの広がりに本も発売されましたよー!
 

created by Rinker
¥713 (2019/11/15 01:57:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

私の使い方

今のメイン手帳はバレットジャーナル(ノートに自作)なので、
日付を手書きで書く代わりに貼ったり、
ノートに日記やメモを書いた時に、貼ったりしています。

ペタッと貼るだけで手帳やノートが楽しい感じになって嬉しいです。

 

 

使い方など

 

家庭用のプリンターで、ラベルシールにプリントして使っています。
(一枚ずつ糊付けするのが面倒なので・・・)

↓ラベルシールはこういうのです。

created by Rinker
エーワン(A-one)
¥627 (2019/11/15 01:57:56時点 Amazon調べ-詳細)

(ノーカットのA4サイズのものを使用。半分に切って(=A5サイズになります)からプリントしてます。)

PDFのものはそのままプリント、
ネットプリント配布でいただいたものは、コンビニでプリントしたものを、自宅のプリンターでラベルシールにコピー。
1ヶ月分のデータがA5サイズに入るように縮小します。
(小さめのものが好きなのと、ノートや手帳に挟みやすくするため。)

 

初めは、1日分ずつ一気にカットしていましたが、使いたい日付のものを探しづらくて・・・。

次に考えたのが、
一列ずつカットし、クリップで留めて保管。
使いたい時に、その日の分を切り取ります。

家に裁断機があり、ザクッザクッと切れるので楽でした。

一列ずつ切るときに、日付が後ろの方に余白を残しておいて、
そこをクリップで留めるようにすると
日付シート自体にも痕がつかないし、
切り取る時にクリップをはずさなくていいですよ!

そんなこんなで試行錯誤をしていましたが、
今は、カッターで切り込みを入れて
そのまま手帳に挟んで持ち歩いています。

カッターで切り込みを入れる時に
あまり強くやってしまうと台紙まで切れてしまうので、
うまく加減してみてくださいね。

ちょうどシール部分だけが切れるようにすると、
通常のシールみたいにペラっとめくれて便利です。

今は、これがマイベストな方法。

 

それぞれのクリエーターさんによって全然違う日付シート。
楽しんでくださいね。

いつか自分でも作ってみたいなー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA