万年筆使ってみたいけど、なかなか手が出ない。。。という方にオススメ、
かわいくてお手頃価格の万年筆『カクノ(kakuno)』。
今回、本体が透明なモデルが新発売されました。

新発売に伴って、今までなかった”極細字(EF)”のペン先のものも登場。

ということで、買っちゃいました^^

(プレスリリースでは2017/8/1発売となっていたけど、もう近くの文具店にありました・・・)

 

 

 

パッケージ

パッケージはこんな感じ。

本体の方にも黒インクのカートリッジが1本付いていますが、
今回は一緒にカートリッジタイプのインク(色はブラウン)を買いました。

カートリッジインクは「ブラック・レッド・ブルー・ブルーブラック・グリーン・バイオレット・ブラウン・ピンク」の8色出ています。

本体は1,000円+税、
カートリッジインクは5本入りで200円+税。

 

開封〜カートリッジ装着!

開封。ボディが透明でスッキリしています。

カートリッジ装着。
インクがペン先まで浸透するのを待ちます。
この時間がワクワク。

ペン先に顔が描かれています!
EF(極細字)は舌がぺろっと出ています:P

ちなみに、他の太さのカクノはこんな感じ。
ペンの太さによって顔が違いますね!

 

書いてみました。
ちょっとカリカリした感じ(紙に引っかかる感じ)がありますが、
字の細さはいいですね^^

 

手持ちの他の万年筆と書き比べしてみた

そして、今持っている他の万年筆と書き比べ。

上から

・PELIKAN(ペリカン)中字(M)(インク:ウォーターマン ブルーブラック)
・kakuno(カクノ) 中字(M)(インク:パイロット ブラック)
・kakuno(カクノ) 細字(F)(インク:パイロット ブラック)
・kakuno(カクノ) 極細字(EF) (インク:パイロット ブラウン)
・preppy(プレピー) 極細字(EF)(インク:プラチナ ブルーブラック)

以前、カクノの細字を買った際、もうちょっと細字のが欲しいなーと思っていたので、
今回の極細字、満足です。

プレピーの極細よりもすこーし細いですね。

書き味は、プレピーの方がややなめらかな感じがしました。
(カクノもしばらく書いていると紙の引っかかり感は少なくなってきたので、使い続けると変わるかもしれないです。)

 

あと、今回買ったものではないですが。。。
改めて書き比べると、ペリカンの中字、太いですね。
同じ字幅でも海外のものの方が太い傾向にあるようです。

 

手帳やノートに書くのは細い方が好みなので、細字〜極細字を使うことが多いです。

ペリカンの中字は、バースデーカードや、手紙などに使っています。

 

最後に

カクノは、デザインもシンプルでお値段もお手頃なのに、コンバーターも使える本格派。

今回の透明軸の発売により、中のインクの色を愛でる楽しみも増えました。
お手頃価格なので、何本も買って、それぞれ違う色のインクを入れるなんてこともできますね!

(※他メーカーのインクを使うのは自己責任で・・・)

 

万年筆使ってみたいけど、躊躇していた方も、
お手頃価格で本格的に楽しめるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

カクノの公式ページはこちら

created by Rinker
PILOT
¥746 (2019/08/18 17:09:32時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
パイロット
¥745 (2019/08/18 17:09:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA