インクが楽しめる、万年筆ペン先のつけペン hocoro(ホコロ)

「インク沼」という言葉もあるように、昨今、色とりどりのインクが販売されていて、コレクションしている方も多いですよね。私も、その一人です。でも、一度万年筆に入れると、使い切るまでに時間がかかるし、いろんなインクを楽しめない。

そんな時に、便利なのが、つけペンです。今まで、つけペンといえば、木軸に金属のペン先を差し込んで使うもので、筆記時に少しカリカリとしてしまうものが多かったのですが、今回、セーラー万年筆さんより、万年筆のペン先のつけペンが販売されました。

万年筆と同じように、先に丸いペンポイントがあり、滑らかな書き心地。万年筆とつけペンのいいとこ取りの商品です。

目次

どんなペン?

樹脂製の軸に、ペン先を差し込んで使います。

軸は、シロとグレーの2色、ペン先は、「細字」「1.0mm幅」「2.0mm幅」「筆文字」の4タイプ。

私は、シロ軸の細字と1.0mm幅のセットを購入しました。

created by Rinker
セーラー万年筆
¥1,964 (2024/03/01 02:14:45時点 Amazon調べ-詳細)

ペン先が簡単に付け替えられる

ペン先を簡単に付け替えられるので、同じ軸でいろいろな字幅が楽しめます。
1.0mm幅と2.0mm幅は、カリグラフィーのように、角度によって太字や細字が楽しめます。

また、筆文字タイプは、セーラー万年筆から発売されている「ふでDEまんねん」と同様のペン先。先が少し曲がった独特のペン先で、筆のような筆記線が書けるのが特徴です。

ペン先が収納できる

ペン先をひっくり返して差し込めるので、ペンケースなどに入れて安全に持ち運ぶことができます。

軸の一部が平らになっているので、机の上においても転がっていかないのもポイントが高いです。

hocoro(ホコロ)の使い方

1. インクをつける

インクに浸して、インク瓶のフチで、余分なインクを落とします。

インクに浸すときは、ペン先のハート型の部分が浸かるくらいまで入れるのがポイントです。

2. 書く

万年筆のペン先だけあって、なめらかな書き味です。
インクはあまり持たないので、筆記途中に何度かインクをつける必要があります。

太字のものは、インクをよく使うので、頻繁にインクをつけます。
2.0mm幅・筆文字タイプのものには、万年筆のペン芯のような、インクを保持できる”リザーバーパーツ”が付いています。
また、1.0mmや細字のものにも後付けできるリザーバーパーツが別売であるので、いっぱい書きたい人は付けてみるのもいいかもしれません。

created by Rinker
セーラー万年筆
¥530 (2024/03/01 02:14:46時点 Amazon調べ-詳細)

3. 洗浄する

水を入れたコップなどでペン先を洗います。

さっと洗うだけで、インクが流れ落ちます。

柔らかい布やテュッシュペーパーなどで水気を拭き取ります。

これで、また別のインクを使って筆記が楽しめます。

参考リンク

▼セーラー万年筆 『万年筆ペン先のつけペン hocoro(ホコロ)』のご紹介

セーラー万年筆
『万年筆ペン先のつけペン hocoro(ホコロ)』 第1弾 第2弾 第3弾 第4弾 『万年筆ペン先のつけペン hocoro』の使い方 用意するもの 万年筆ペン先のつけペン hocoro、水を入れたコップ、柔らかい布またはティッシュペーパ...

▼『万年筆ペン先のつけペン hocoro(ホコロ)』 新ペン先〈2.0mm幅・筆文字〉&リザーバーパーツのご紹介

セーラー万年筆
『万年筆ペン先のつけペン hocoro(ホコロ)』 新ペン先〈2.0mm幅・筆文字〉&リザーバーパーツのご紹介 『万年筆ペン先のつけペン hocoro(ホコロ)』 万年筆用ボトルインクを、より簡単手軽に利用できる万年筆ペン先のつけペンとして昨年の12月に発売した細字・1.0mm幅に続き...

最後に

インクを色々買い集めているので、いろんな色を使って楽しみたい!

ガラスペンもいいのですが、とても繊細なので、取り扱いに注意が必要。

そんな時にとっても嬉しいつけペン。色々な字幅もあり、とても楽しいつけペン hocoro。
さまざまなインクを楽しみながら、さらにインク沼にずぶずぶしていきそうです。

created by Rinker
セーラー万年筆
¥1,964 (2024/03/01 02:14:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
セーラー万年筆
¥530 (2024/03/01 02:14:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
セーラー万年筆
¥1,118 (2024/03/01 02:14:47時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高校生のころから手帳を使い始め早20年。
手帳と文具大好き。
今は、海外の自作手帳術、バレットジャーナルにはまっています。
手帳や文具について、バレットジャーナルの魅力などについてお伝えします。

コメント

コメントする

目次