インクを楽しめるプチプラ万年筆

インクを楽しめるプチプラ万年筆

最近は密かな(?)万年筆インクブームのようで、さまざまなメーカーさんから色とりどりのインクが発売されています。

万年筆と言えば高いイメージがあり、何本も買い揃えるのは難しい気もしますが、実は、お手頃価格の万年筆もあるのです。いろいろなインクを使いたい!でもそんなに高い万年筆を何本も買えない!ということで、今回はボトルインクが楽しめる(コンバーターが使える)プチプラ万年筆を3つご紹介します。

カートリッジとコンバーター

「コンバーター」は、ペン先につけてインクを吸い上げる小さな容器。コンバーターが使える万年筆であれば、ボトルインクを入れて使うことができます。
今回は、このコンバーターが使えるプチプラ万年筆をご紹介します。

それに対し、「カートリッジ」は、小さな筒状の容器に予めインクが入っているもの。万年筆の首軸にさせば、そのまま筆記することができます。手軽に携帯することができるのが魅力ですが、インクの種類はボトルに比べると多くないです。

カクノ(パイロット)

まず一つ目は、パイロットのカクノ 。万年筆初心者におすすめです。こどもから大人まで使いやすい、シンプルな万年筆。六角形の本体、グリップ部分は丸みを帯びた三角形で、自然と正しい持ち方ができます。ピンクや水色、黄緑など可愛いカラーリングのものと、全体が透明のものがあります。

1,000円というお手頃価格ながら、カートリッジとコンバーターの両用式。字幅はEF(極細)、F(細字)、M(中字)の3種。

ペン先はステンレスで、少しカリカリとした書き味です。

・ペン種:EF(極細)、F(細字)、M(中字)
・価格:本体 (1,000円 + 税)/コンバーター(400円 + 税)

created by Rinker
PILOT
¥986 (2020/10/28 20:41:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
パイロット
¥830 (2020/10/29 07:38:03時点 Amazon調べ-詳細)

プレピー(プラチナ万年筆)

二つ目は、なんと、300円で買えてしまう万年筆!(字幅などによっては400円。)

2019年に創業100周年を迎えたプラチナ万年筆さんから発売されている、根強い人気のある万年筆です。

低価格ながら、プラチナさんが開発したインクの乾燥を防ぐ「スリップシール機構」が搭載されています。しばらく使用しなくても、インクが乾いて書けなくなるということがなく、安心して万年筆を楽しめます。

個人的な感触ですが、カクノより滑らかな書き心地です。

コンバーターは、金色(¥500)のものと銀色(¥700)のものがあります。どちらでも使用可能なので、お好みで。

・ペン種:02(EF 極細)、03(F 細字)、05(M 中字)
・価格:本体(300円 / 400円 + 税)/ コンバーター(500円 / 700円+ 税)

created by Rinker
プラチナ万年筆
¥440 (2020/10/28 22:06:52時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
プラチナ万年筆
¥446 (2020/10/28 22:06:53時点 Amazon調べ-詳細)

フォンテ

本の取次をしている日本出版販売さんから発売されているコンバーター付き万年筆。書店で販売されています。

初めからコンバーターが付いていて600円と、この3つの中で一番お手頃価格です。
本体は透明で、中のインクの色を楽しめます。

比較的滑らかな書き心地。字幅は1種類のみです。

・ペン種:1種類
・価格:コンバーター付き 600円 + 税

最後に

万年筆は高くてなかなか手を出せない印象がある人もいるかと思いますが、意外とお手頃価格のものもあります。いろいろなインクを入れて楽しむにはもってこい。

素敵な万年筆ライフを!

ペン・万年筆カテゴリの最新記事